読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなこともきめられない

ひきこもり4年生の殴り書き

つらつら

なんかさ、さだまらないよね。

ここはさ、わたしが書きたいことを書いてくだけの場所だから、だから内容が支離滅裂なのは別に良いんだけど文体がもうめちゃくちゃ。

 

良いんだけどさ、だって書くことが大事でしょ。

わたしはプライドとか見栄とかすんごい高くて途中経過とか練習とか見られるのムリな人。授業中先生が横通ると凍りつくタイプ。

でもとりあえずやってみる、とりあえず見せてみる ってのが大事だってのも分かる。分かるようになって来た。

真剣な姿を見てもらうって大事なんだよね

 

プライドが実力に追いついてないことほど情けないことはない。

思い描く自分と現実の自分が離れてるほど人は歪むし、病むんだと思う。

現実の自分を受け入れられなくて、でも思い描く自分にもなれなくて、今の自分は自分の本当の姿じゃないって思ってるけど本当の自分になれる目処もない。努力もできない。

 

明日から本気出す、わたし、ずっとそんな生き方してる。

 

なんの話だっけ

まぁ、こうやってつらつら数こなしてるうちにマシな文章書けるようにならないかなってこと。かな。多分。

 

 

回復薬が欲しい

書いては飽き書いては飽き、途中やめでいまだ陽の目を見れていないブログがすでに3つ。

 

体力がないんですわ

HP的な意味でもMP的な意味でも。

ちょっと疲れると風邪引くし、なんなら洗濯しただけでも風邪引くし、風邪引きながら新しい風邪引いたりできるし。

 

人間付き合いもね、土曜日予定入ったら日曜日はひとりで部屋にこもって寝なきゃ回復できないみたいな。楽しいのに回復は別問題みたいな。

まぁ付き合いに関してはしっかり類は友を呼んでるんであんまり困らないんですけど。

 

体力はね、やっぱりあるに越したことないなーって思うんですよ。健全なる精神は健全なる肉体に宿るって師匠も言ってたし。

だから毎日1時間ウォーキングすることにした。ウォーキングから始めて、体力ついたらランニングにしよう!って。

 

そんな感じで初めてそろそろ2年経つんですけど、ぜんぜんランニングにならない。なんならウォーキングにも達してない。

だってはしるのしんどい。

 

散歩レベルの速度で夜道を1時間うろつくとどうなるかっていうと、吹きすさぶ冷たい風が体の生み出すささやかな熱を奪い去り、肩こりと関節が痛み出し、帰宅すると体温は35度台。あったかいシャワー浴びてるのに寒くて仕方ない。

 

雨の日も風の日も雪の日も台風の日も絶対歩く!という決意のもとまあまあやってきたけど

雨の日は休んでもいいんじゃね...と2年目の春が来てから気付いた今日この頃。

 

しんどいから体力ほしいのに、体力つけるのはしんどい。庭には二羽にわとりがいる。

待合室模様

病院にいるよ。

 

予約は11時

到着は9時半

今は13時半

 

滝川クリステル似の美人な女医さんに検査してもらってからはや4時間。

9時半についたのはこっちの兼ね合いだからいつも以上に待つのは覚悟してたけど、今日はいつも以上に患者さんが多くて長い。

 

眠くなってきた。こんな日に限って本は持ってきてないし。

おしりいたい。めちゃくちゃ足組みたい。

たまにいる幼児だけが癒し。なのに見向きもされない

 

お昼も食べずに診てる先生とか、お待たせしてごめんなさいねー寒くないですかー?って気遣ってくれる看護師さんを想うと待つのは苦じゃないけど、おしりがつらい。

たくさんの患者さんを抱えたお医者さんなんだと、丁寧に診てくれる先生なんだと分かってるけど、おしりがつらい。

 

書いてる間に14時

ううう

しあわせなたまご

これを書いてるのは25日の午前2時半。6時起きで大学病院に行かなくちゃいけない日。

 

眠るのは苦手

寝不足だと頭は痛いわ足はふらつくわ、吐き気はするわでひどい目に遭うとわかってるのに。

誰か殴って気絶させてくれないかなぁ

そんな仕事需要あると思うけどなぁ

 

夜になったら人間はみんなたまごの中に入る世界にならないかなぁ

あったかくて痛くも苦しくもない幸せなたまご。

たまごに入ると意識が途切れて、中は羊水みたいなので満たされて身体の回復力が10倍とかになる。

朝にはスッキリ、スタミナ満タンで起床

 

でもそんな幸せなたまごあったら誰も出てこないかな。

1日7時間までにしよう。

7時間すぎるとたまごからぶしゃって出される。液体まみれでちょっとくさい。